読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【OGAWAND OWN】日帰りハイクからテント泊縦走までコレひとつで

「理想のバックパックを探す旅」ついに終結か…。

 

f:id:Wooly:20170416125751j:plain

 

-----

 

初めて山道具を買いに行った時の「シューズもウェアもバックパックも、どれを選べばよいかさっぱり判らん…」と途方に暮れた記憶、誰しも覚えがあるのではないでしょうか?

 

自分の中にまだ判断基準が備わってないからで、しょうがないことですよね(結果、とりあえず店員さんのアドバイスを鵜呑みにして、山雑誌からまんま出てきたかのような格好で、全体的にオーバースペック気味になることも…ちなみに自分もそうでしたw)。

 

でも、そこからある程度の場数をこなすと、経験を踏まえつつ個人の趣味・嗜好を反映した傾向が出てくることが多いので、持っている道具を見れば、その人の登山に関する「価値観(何を大事にしているのか)」がなんとなく見えたりします。それが個人的にはとてもおもしろくて、休憩中やすれ違う方の装備をついジトッと見てしまうクセが…。

 

-----

 

バックパックも、「価値観」が反映されやすい道具だと思います。自分はこれまで下記の項目を満たすものを好んで使ってきましたが、山で会う人ひとりひとりにも選定条件を訊いてみたい(迷惑)。

 

①構造がシンプル(一気室)

②ウエストベルトは最低限

③ハイドレーションに対応

④バックパック自体の防水性が高い

 

それぞれの理由も途中まで細かく書いてみたのですが、なんだか偉そうでくどくなったので止めましたw

 

f:id:Wooly:20170416125850j:plain

 

今回、OWNをチョイスしたことによって④(バックパック自体の防水性)は諦めたことになります。まあ沢登りはしないし基本的に好天を狙っての山行なので、ここは拘りを捨てパックライナー+アイテム個々の防水でOKかなと。

 

その代わりというワケではないのですが…このバックパック、なんと容量が25ℓ〜50ℓでほぼ無段階の調整が可能なんです!ということで、自分の山行スタイルだとタイトルの通り「日帰りハイクからテント泊縦走までコレひとつで」が実現します!!(ちなみに写真は30ℓ程度に調整した状態のものです)

 

OWNの実戦投入はまだですが、早々にこれまで使っていた30ℓと55ℓのバックパックを手放しちゃいましたw

 

f:id:Wooly:20170416125931j:plain

 

う〜ん、カッコイイ。ちなみに注文したモデルはX-Pacバージョンで、サイドポケットの素材と造りをカステムしていただきました。製作者の小川さんとは何度かメールでやり取りさせていただいたのですが、こちらの我儘や面倒な質問にも真摯にお応えいただきとても感動。

 

かなり人気が出ているようで、自分がオーダーした時も受注開始から売切れまであっという間でした。製作に追われさぞ大変でしょうが、これからの商品にも注目しつつ応援させていただきたいと思います(バックパック以外の小物も着眼点がおもしろいです)。

 

-----

 

 

今シーズンの今後の山行がとても楽しみになってきました!コレを背負ってあんなとこやこんなとこに…ただこのGWは特に出かけずなので、パッキングでもしてひたすら妄想に励みますw

 

おしまい